企業看護師の仕事内容とは

一般企業で働く企業看護師とはいっても職種によって仕事内容は異なります。
代表的な職種は以下の通りです。

・産業看護師
企業の保健室に勤務して、社員の健康管理を行う。

・治験コーディネーター(CRC)
製薬会社が新しい薬を開発した際に行われる治験業務の調整を行います。
病院で新薬を患者さんに投与して薬の安全性や効能を実証できるようにコーディネートします。

・臨床開発モニター(CRA)
治験企業(製薬会社)の担当者として病院との交渉や 治験が正しく行われているかをモニタリングする業務です。

・クリニカルコーディネーター(CC)
医療機器メーカーの社員として、病院への機器導入をサポートします。
製品のデモンストレーションや使い方をレクチャーします。

企業看護師は看護業務そのものではなく、 一般企業で看護師資格を活かす形になります。
週休2日で土日休みが多いことや夜勤がないという勤務条件でのメリットがあるので、 勤務条件を改善したいという病院看護師さんにも人気の転職先となっています。
また、製薬会社は外資系が多いので、英語を活かした業務が多いのが特徴です。



看護師転職エージェントランキング


error: Content is protected !!