地方公務員看護師の給料が国立病院より高い理由

都道府県の市町村レベルが運営している病院や診療所、市立(市民)病院、県立病院、都立病院といったいわゆる公立病院で働く看護師は地方公務員です。地方公務員とはいっても、県立なのか市立なのか、年齢や階級、地域手当などでお給料にも差が出てきます。
ただ、一般的に公立病院の地方公務員看護師の平均給料は月収35万円程度です。
国立病院の平均給料は33万円程度ですから国立病院よりは高い平均給料となっています。
やはり国家公務員と比べて、地方公務員は夜勤勤務手当や時間外勤務手当等、多くの諸手当が支給されることが、お給料の差となって現れているのです。



看護師転職エージェントランキング


  1. 2018.03.03

    看護師の平均年収、横ばいでも高齢化の影響で職場に変化が

    看護師の平均年収看護師の平均年収は483万円(平成28年度)正看護師561万円、准看護師…
  2. 2018.01.31

    看護師2年目でも辞めたい!

    なんとか1年頑張ったけどもう限界…そう感じるのが2年目看護師のあるある。でも、やめてどう…
  3. 2018.01.02

    1年目看護師の平均年収

    1年目看護師の平均初任給は年収200万円~300万円程度。基本給は20万円前後ですが、これは病院…
error: Content is protected !!