大学病院看護師の年収とお仕事内容

大学病院の看護師の平均年収

大学病院看護師の平均年収は約500万円程度、月収で約35万円程度ですが、実際は地域差や病院の規模、役職などによってかわってきます。
大学病院だけが特別に年収が高いというわけではありません。
ただ、大学病院で看護師長クラス、看護副部長クラスになれば年収700~1000万円超もありえるようです。

大学病院の業務内容はハードです。
特に年収600万円以上もらえる看護主任クラスからは新人看護師の育成や現場統括など、管理職の仕事がメインとなります。

大学病院看護師の退職金

大学病院看護師の退職金は勤続年数が長ければ500万円程度支給される病院もあるようです。
国立大学病院の看護師も現在は非公務員型の法人職員となり、それぞれの大学病院ごとの規定で退職金が決められています。

大学病院看護師で働くメリット

大学病院は一般の民間病院と比べて教育制度が充実しているという特徴があります。
看護技術の勉強やスキルアップを目指している意欲のある看護師さんに人気です。
ただ、勉強会や研修会の参加で業務の負担になることも。
また、大学病院は高度な医療設備を整えているため、より多くの症例を経験できます。

大学病院では認定看護師の資格取得支援を行っているところが多いです。 大学付属病院によっては託児所が併設されていたり、子育て支援を行っていたりします。

大学病院看護師は激務!?

大学病院は病院によってはかなり激務の病院もあるようです。
もちろん就業条件は病院によって異なりますので、全ての大学病院が激務で大変だというわけでもありません。
見かけ上の制度は充実していても実際には運用されていないケースなどもあり、実際の職場環境は求人情報ではわかりませんから、エージェントなどに聞いてみるのが良いでしょう。

大学病院看護師の求人探し

大学病院看護師の採用は新卒だけではなく、中途採用も積極的に行っています。
ただ、大学病院は求人数が少なく、非公開求人が多いのであまり知られていないのが実情です。

募集しても良い人材が集まらないのではないか…
募集していることを知られたくない…
採用に時間をかけたくない…

このような理由から最近は大学病院の非公開求人は看護師転職エージェント経由で募集されることが多いです。



看護師転職エージェントランキング


error: Content is protected !!