大学病院の看護師給料は高いのか?

大学病院は公立病院や民間病院に比べて年収が高いと思われがちですが、実は、大学病院勤務の看護師年収は400万円から600万円程度です。
キャリア(勤務年数)によって異なりますが平均月収は30万円程度です。
42の国立大学の年収を平均すると470万円で、これは看護師全体の平均年収とほぼ同じです。
そして、年収600万円以上は、看護主任クラスなど管理職看護師です。

 大学病院への転職で平均年収をアップさせたい場合は、看護師の転職エージェントを使うのが近道です。
公開求人情報誌などにはなかなか求人募集情報が出ていません。
それは、大学病院が看護師の求人を非公開求人として、特定の人材紹介会社にしか公開していないからです。

大学病院への好条件での転職を実現したいのであれば、看護師専門の転職エージェントに無料登録して、非公開求人を紹介してもらいましょう。
年収アップの交渉も全て代行してくれます。



看護師転職エージェントランキング


  1. 2018.03.03

    看護師の平均年収、横ばいでも高齢化の影響で職場に変化が

    看護師の平均年収看護師の平均年収は483万円(平成28年度)正看護師561万円、准看護師…
  2. 2018.01.31

    看護師2年目でも辞めたい!

    なんとか1年頑張ったけどもう限界…そう感じるのが2年目看護師のあるある。でも、やめてどう…
  3. 2018.01.02

    1年目看護師の平均年収

    1年目看護師の平均初任給は年収200万円~300万円程度。基本給は20万円前後ですが、これは病院…
error: Content is protected !!