産業看護師とは

産業看護師とは一般企業内で働く看護師のことです。
職場は医務室や健康管理室、工場などの現場に勤務する場合もあります。
産業看護師の役割は従業員への医療行為の補助を行ったり、 予防医学といった観点から健康に関する相談や指導を行うことです。

主な仕事内容は以下の通りです。

・急な疾病や怪我に対しての応急処置
・健康診断の記録
・管理
・補助
・健康相談の受け付け
・労災関係の対応
・健康管理
・増進業務
・病気の予防対策
・メンタルヘルスサポート
・メンタルカウンセリング

企業内に診療所がある場合は、 医師のもと通常のクリニックと同じように診察の補助、採血などを行います。
勤務体系はカレンダー通りで夜勤もないため、 病院看護師さんの転職先として人気の職場になっています。

産業看護師の求人は少なく、市場にあまり出回っていません
非公開求人として紹介してもらえる可能性が高いので、 看護師の転職支援エージェントを利用するのが得策です。


関連記事


看護師転職エージェントランキング


  1. 2018.03.03

    看護師の平均年収、横ばいでも高齢化の影響で職場に変化が

    看護師の平均年収看護師の平均年収は483万円(平成28年度)正看護師561万円、准看護師…
  2. 2018.01.31

    看護師2年目でも辞めたい!

    なんとか1年頑張ったけどもう限界…そう感じるのが2年目看護師のあるある。でも、やめてどう…
  3. 2018.01.02

    1年目看護師の平均年収

    1年目看護師の平均初任給は年収200万円~300万円程度。基本給は20万円前後ですが、これは病院…
error: Content is protected !!