看護師の平均年収、横ばいでも高齢化の影響で職場に変化が

看護師の平均年収


看護師の平均年収は483万円(平成28年度)
正看護師561万円、准看護師478万円。
看護師の平均年収は過去10年で440万円~480万円とほぼ横ばいで推移しています。。
男女別では、男性看護師493万円、女性看護師が473万円となっています。

看護師の平均年収(年代別)


看護師の平均年収(年代別)

年齢平均年収
20代前半390万円
20代後半436万円
30代前半450万円
30代後半465万円
40代前半492万円
40代後半511万円
50代前半550万円
50代後半528万円

年代別では新人看護師の390万円から始まり、ピークは50歳前半の550万円。
その後も年収が大きく下がることはなく、平均年収は400万円前後を保っています。

看護師の平均年収(都道府県別)


看護師の平均年収(都道府県別)

都道府県平均年収
北海道430万円
青森382万円
岩手430万円
宮城478万円
秋田382万円
山形430万円
福島430万円
茨城478万円
栃木478万円
群馬478万円
埼玉430万円
千葉478万円
東京669万円
神奈川525万円
新潟430万円
富山430万円
石川478万円
福井478万円
山梨430万円
長野478万円
岐阜430万円
静岡478万円
愛知525万円
三重478万円
滋賀478万円
京都478万円
大阪573万円
兵庫478万円
奈良478万円
和歌山430万円
鳥取430万円
島根430万円
岡山478万円
広島470万円
山口478万円
徳島478万円
香川430万円
愛媛430万円
高知430万円
福岡478万円
佐賀382万円
長崎430万円
熊本430万円
大分430万円
宮崎382万円
鹿児島430万円
沖縄382万円

都道府県別の平均年収は母体数にばらつきがあるため、参考程度です。
東京や首都圏は平均年収が高い傾向に。
地方の方が平均年収の高い医師や薬剤師とは違い、看護師は地方より都心のほうが平均年収が高いようです。

看護師の平均年収(規模別)


看護師の平均年収(規模別)

規模平均年収
10〜99人438万円
100〜999人467万円
1,000人以上509万円

勤務先の規模が大きくなるほど、平均年収は高くなる傾向にあります。
美容クリニックなどは例外で、規模が小さくても平均年収は高い傾向に。
自由診療のクリニックは看護職だけでなく営業職も求められるからです。

看護師の平均年収(病院別・職場別)


看護師の平均年収(病院別・職場別)

病院・職場平均年収
国立病院544万円
大学病院490万円
総合病院465万円
クリニック390万円
救急外来/夜勤専従600万円
訪問看護480万円
地域包括センター480万円
介護老人保健施設450万円
特別養護老人ホーム560万円
有料老人ホーム500万円
デイサービス350万円
企業看護師516万円

病院は規模に比例して平均年収が高い傾向に。
夜勤手当ありなしで平均年収が大きく変わります。
訪問看護は時間外手当やオンコール手当などの手当が充実。
人手不足の状態の訪問看護ステーションだと、日勤のみの勤務にも関わらず給料水準が高め。
ニーズの高い介護施設も平均年収が高い傾向に。


昇給率の低い看護師が平均年収を上げるには、転職などで年収ベースを上げるのが1番です。
病院によって年収ベースは決まっているので、基本給の安い病院だとなかなか年収が上がりません。
また、病院の場合は役職手当や夜勤手当のありなしで、大きく年収が変わってきます。

最近では少子高齢化に伴い、病院勤務以外の看護師が増えています。
訪問看護や介護施設は年々年収が高くなっています。
病棟で経験を積んだ後は、病院以外で働きたいというニーズが急増しているのです。

転職する場合には、こういった事情を踏まえた上で求人先を選んだほうが良いですね。
エージェントを利用するにしても、相場を知っておくと、転職活動がスムーズにできますしね。


関連記事


看護師転職エージェントランキング


error: Content is protected !!