看護師の転職 志望動機の落とし穴

看護師が転職する際に履歴書や面接で大切なのは志望動機です。
志望動機採用先が最も重視するポイントなのでしっかりと自己分析しましょう。
履歴書用の志望動機のサンプルを使って履歴書を書く方が多いですが、 採用担当者にはすぐにばれてしまいます

職場について熟知している人が採用担当者になることが多いです。
そういう方はこれまでに何人もの履歴書に目を通しています。
つまり、いくら小手先のことを書き並べてみたところで、すぐに見抜かれてしまうのです。

また、それだけの数の志望動機を見て来た人たちですから、 どういった言葉が多く使われるのかも知っています。
特に、志望動機は文面が似やすいため「またこの志望動機か」と思われると、 その他多数の中に放り込まれてしまいます。
どこにでもありそうな志望動機は避けて、 自分の言葉でオリジナル性を持った志望動機になるよう工夫しましょう。

ポイントは2つです。

・インターネットなどで求人先の会社概要や経営理念をチェックして、 なぜ貴社を選んだのかを表現しましょう。
・自分のキャリアや経験が求人先にどのように貢献できるかを、 しっかりと伝えましょう。

さらに、志望動機は簡潔に伝えた方が良いです。 色々と伝えたいあまりに、詰め込み過ぎていないかチェックしましょう。

看護師の転職エージェントの多くは履歴書の添削を無料でしてくれます。
さらに面接対策や求人先へのフォローや交渉も 全て無料でサポートをしてもらえるので、 失敗しない転職活動には必須ですね。



看護師転職エージェントランキング


error: Content is protected !!